ミルクホール

名前の通り、主にミルクを提供することを目的とした飲食店である。時の政府が日本人の体質改善を目的としてミルクを飲むことを推奨していた明治時代に数多く出現した。

日本初のミルクホールは1872年に開店。学生街や駅の近辺などで、学生を主な客層とした手軽な軽食店として発展した。ミルクホールの内部はカステラなどの洋菓子、食パン、豆菓子類をショーケースに置き、新聞、官報、雑誌を置き、牛乳、コーヒーなどの飲み物を庶民的な価格で提供した。

コーヒーの一般化とともにコーヒーを提供するミルクホールが大正期に全盛を迎えたが、関東大震災を期に喫茶店に取って代わられ、現在では衰退しており、現存する数少ないミルクホールはレトロな雰囲気を楽しむことを目的とした飲食店として機能している。

Wikipedia より

対話の手法としての「スタディホール」

1985年 「Open Space Technology」誕生(ハリソン・オーウェン)
1987年 「Appreciative Inquiry」誕生(デービッド・クーパーライダー&ダイアナ・ホイットニー)
1995年 「World Cafe」誕生(アニータ・ブラウン&デイビッド・アイザックス)
2016年 「Studyhall」誕生(兼松佳宏&誰か!)

“●●の治療所”

“魂の治療所”としての図書館。”●●の治療所”としてのSTUDYHALL。

おいしいお食事と、知の冒険と。
勉強家の集い「STUDYHALL! gathering vol.0」開催!

勉強とは、自ら強いて勉めることである。
誰かに強いられるような真似はしない。
 
勉強とは、ひとりでするものである。
同じくらい、みんなでするものである。

ー 「勉強家宣言」より

「STUDYHALL! gathering」は、勉強を愛する者たちの集まりであり、それぞれの”マイ研究”を共有する社会的実験です。(おいしいお食事付!)

「あまり最近、勉強していないんだけど…」という方も、もちろんウェルカム! 集まった人たちの研究テーマや調べ物の成果に耳を傾けながら、自分自身の知的好奇心を深めていく、そんな”知の冒険”の場になったらいいなと思っています。

当日は9:30からの<午前の部>と、13:00からの<午後の部>という二部構成。今回はトライアルということで、前半は5名くらいの少人数で京都府立図書館へ。後半は15人くらいで集まってKYOCAにて美味しいランチをいただきながら、みたいな流れを考えています。(会場提供のご協力は一般社団法人オープン・ガーデンです、いつも感謝!)

<午後の部>だけの参加は大歓迎ですが、<午前の部>のみの参加は(今回に関しては)お断りしています。あらかじめご了承ください。

というわけで、ピンときた方はぜひ遊びにきてください◎
 
 

btn_submit

続きを読む

勉強空間としてのアカツキコーヒー
あるいは強制事項についての覚書

akatsuki

「PC禁止」の時代へ

カフェでPCを開き、イヤホンをつけて、プライベートな作業に勤しむ。そんな没入する個(はい、僕もです)の過剰な集合は、カフェから会話の声を奪うだろう。そしていつか、カフェの存在意義にまで影響をおよぼすだろう。

その不気味な危機感からだろうか、最近「PC禁止」のカフェが増えているようだ。回転率をあげる、ということもあるけれど、もっと深層部分における攻防のような気がする。パブリックとプライベート、デジタルとアナログ、あるいはファストとスロー。いろんな対立項のはざまで。
 
 
続きを読む

何の一部だったのかを振り返る

最後の段階でどのくらい知的エネルギーを使うかで、論文の書き手がその後どのくらい成長できるかの多くの部分が決まるように思う。そこで前向きに、しかし誠実にエネルギーを費やすことが、次の研究の土壌を整え、あるいは思考のあり方の訓練となって、研究者を育てることになるのである。その難しい作業のコツを一言で言えと問われれば、私は「宙に目をやり、自分のしたことが何の一部だったのか、振り返る」と答える。

ー 伊丹敬之『創造的論文の書き方』p.240

研究活動は、自己修練活動である

研究活動は、他人に伝えるべき新しい知見の探索発見活動であるばかりでなく、自己修練活動でもある。その人の能力を伸ばせるようなテーマは、必然的にその人がすでにそのとき持っている能力の範囲内で楽々出来るようなものではないだろう。少し無理かな、と思える程度に本人の能力を超えた部分を持つテーマの方がいい。その超えた部分を埋めようと、本人がその研究の最中に努力をする可能性が高いからである。

ー 伊丹敬之『創造的論文の書き方』p.134

『創造的論文の書き方』伊丹敬之

<第1章 テーマを決める>

◎テーマ探し
・入り口は狭く、奥行きは深く
・思考実験をスピーディーに多く
・不動点を意識する

◎「いい」テーマとは
・不思議なこと、せめて面白いこと
・一言で言える
・少しの無理
・10年はもつ

<第2章 仮説と証拠を育てる>

◎現実のまとめ方
・データ
・厚い記述
・論理

<第3章 文章に表現する>

◎書くことは考えること
・言葉が思考を刺激する
・文章が前後のつながりを考えさせ、つながりの論理を考えることを刺激する
・書くことによって書かれるべきことの整理のための思考が刺激される
・書くことによってしみ込み現象が起きて、それが思考を刺激をする

<第5章 小さな工夫、ふだんの心がけ>

◎小さな工夫
・刺激と整理のために
・集中と助走のために
・見切りと相場感のために

◎ふだんの心がけ
・本質は何かをつねに考える
・狭く入って、深く掘る
・鳥の目と虫の目を、使い分ける
・スピーディーに思考実験する
・言葉を大切に使う

以下、引用

仮説として何が正しそうかを現象から逆算して懸命に考える。断片の情報をつなぎ合わせて、その仮説が正しいという論拠・証拠をつくってみる。それが、研究活動のトータルな内容である。(p3)

知的探求としての研究活動の原点は、知的好奇心にあると思っている。その知的好奇心を人間が駆り立てられるのは、「不思議な現象」によってである。不思議、つまりそれまで自分がもっていた常識的考えや直感では説明が付かない、という意味である。(p.129)

いい研究というのは、われわれが「集団として持っている」知見の意味のある拡大につながるものだからである。独りよがりの知識の蓄積では、社会的に意味のある研究活動とは言えない。(p.133)

研究活動は、他人に伝えるべき新しい知見の探索発見活動であるばかりでなく、自己修練活動でもある。その人の能力を伸ばせるようなテーマは、必然的にその人がすでにそのとき持っている能力の範囲内で楽々出来るようなものではないだろう。少し無理かな、と思える程度に本人の能力を超えた部分を持つテーマの方がいい。その超えた部分を埋めようと、本人がその研究の最中に努力をする可能性が高いからである。(p.134)

10年もつような視野を設定し、その視野は10年間変えないで考え続ける。(…)10年間、その大きな分野で考え続ければ、蓄積もできるだろう。考えも深まるであろう。本も書けるというものである。(p.136)

仮説とは、現実への洞察である。萌芽を本物の仮説に育てるプロセスは、研究している人が自分の研究テーマとして選んだ現象の現実への洞察を深めるプロセスに他ならない。その洞察が「凝縮された」言葉で表現されたものが、仮説だと思うべきである。つまらない仮説は洞察の浅さを物語っている。(p.159)

二つの概念の細かな差に、じつは本質が潜んでいることがよくある。その本質をえぐり出すには、概念あるいはイメージへの言語表現をきちんとするようにする必要がある。そして、二つの似た言葉の違いは何かを精密に考える必要がある。そうした細かに見える差を大切にして、厳密な言語表現を考えると言うことは、じつは概念思考力を鍛えることと同じである。言葉を大切にしなければならない。(p.180)

どのような構成、流れ、つなぎ、精度合わせの論文にすると「姿が美しいか」という美的感覚は、きわめて重要である。その美的感覚は、自分がまとめようとしている研究そのものの「全体像」への自分自身の理解の程度と、深く関わっている。「自分は何を問うているのか。」それをきちんと伝えるために、論文の全体があり、その姿がある。(p.210)

最後の段階でどのくらい知的エネルギーを使うかで、論文の書き手がその後どのくらい成長できるかの多くの部分が決まるように思う。そこで前向きに、しかし誠実にエネルギーを費やすことが、次の研究の土壌を整え、あるいは思考のあり方の訓練となって、研究者を育てることになるのである。その難しい作業のコツを一言で言えと問われれば、私は「宙に目をやり、自分のしたことが何の一部だったのか、振り返る」と答える。(p.240)