おいしいお食事と、知の冒険と。
勉強家の集い「STUDYHALL! gathering vol.0」開催!

勉強とは、自ら強いて勉めることである。
誰かに強いられるような真似はしない。
 
勉強とは、ひとりでするものである。
同じくらい、みんなでするものである。

ー 「勉強家宣言」より

「STUDYHALL! gathering」は、勉強を愛する者たちの集まりであり、それぞれの”マイ研究”を共有する社会的実験です。(おいしいお食事付!)

「あまり最近、勉強していないんだけど…」という方も、もちろんウェルカム! 集まった人たちの研究テーマや調べ物の成果に耳を傾けながら、自分自身の知的好奇心を深めていく、そんな”知の冒険”の場になったらいいなと思っています。

当日は9:30からの<午前の部>と、13:00からの<午後の部>という二部構成。今回はトライアルということで、前半は5名くらいの少人数で京都府立図書館へ。後半は15人くらいで集まってKYOCAにて美味しいランチをいただきながら、みたいな流れを考えています。(会場提供のご協力は一般社団法人オープン・ガーデンです、いつも感謝!)

<午後の部>だけの参加は大歓迎ですが、<午前の部>のみの参加は(今回に関しては)お断りしています。あらかじめご了承ください。

というわけで、ピンときた方はぜひ遊びにきてください◎
 
 

btn_submit

続きを読む

空海とソーシャルデザイン

▼松長有慶猊下との対談
1200年を超えて、空海とソーシャルデザインが出会った!高野山真言宗管長・松長有慶猊下×YOSH編集長対談「すべてを肯定するということ」

▼DOTPLACEでの連載「空海とソーシャルデザイン」(2014年1月〜10月まで)
#01:はじめに
#02:いまなぜ空海なのか(前編)
#03:いまなぜ空海なのか(後編)
#04:空海とは?(前編)
#05:空海とは?(中編)
#06:空海とは?(後編)
#07:ソーシャルデザインのそもそも(前編)
#08:ソーシャルデザインのそもそも(後編)

▼関連記事
兼松佳宏×井野英隆×太刀川英輔 空海をもっと身近にする方法
1/2「コンセプトを立てることは『縁』を見通すこと。」
「それぞれの高野山が、日常の中にある。」