囲碁

囲碁用語から考えるスタディ

“布石”が気になったので、Amazonで本を探し、『世界一やさしい布石と定石』を購入。ざっと目を通してみる。

碁盤の”隅”、”辺”、”中央”、布石を置く”3線”と”4線”、”星”と”小目”。あるいは自陣を広げる”ヒラキ”、補強する”シマリ”。布石にまつわるいろんなボキャブラリーを勉強の文脈に置き換えてみると、いろんなヒントを発見できそう。そしてそもそも何と対局しているのか、という深い洞察も。

布石を打つ

ふ‐せき【布石】
1 囲碁で、序盤戦での要所要所への石の配置。
2 将来のために配置しておく備え。「新党結成への布石を打つ」

「goo国語辞書」より

→ 「いつかのために、なにかひとつ布石を打ちましょう」とよく言いながら、本当に布石を打ったことがないのはどうも煮え切らない。ということで、少しばかり囲碁の勉強を始めてみようと思う。そんな「ことばを体感する」ための勉強。

宮本至道氏の”囲碁十徳”

一、囲碁は品よく、三昧の境地に没入できる。
二、知的な遊びで生活が変わる。
三、集中的に考え、大局観が育つ。
四、すじ道を立ててじっくり考えるくせがつく。
五、人間の生きかたを教えてくれる
六、囲碁は芸術であり、無限の創造性を持つ。
七、囲碁は手によって交される語らいで、心の友が得られる。
八、負けるくやしさが人間を作る。
九、囲碁は経営管理にたずさわる人の資質向上に役立つ。
十、囲碁は頭の体操となり、若さを保つことができる。

『囲碁講座 梶原武雄九段囲碁同情』日本囲碁連盟

→ 三昧というひとつ上の体験を求めての囲碁。「品よく、三昧の境地」とは、素晴らしき言い回し。