#勉強家として勉強中

[夏期講習] 国語探究ラボ(読書感想文編)

学ぶことを忘れると、子どもは学ぶ。ことばで遊びながら、クリエイティブな読書感想文を書こう!

新しいことを知った時の驚きや感動、できないことができるようになった達成感を覚えていますか?それこそが学びであり、学びは本来楽しいものです。勉強しないと、できるようにならないと・・・、という義務的な意識ではなく、今やっていることに楽しく没頭している瞬間にこそ、子どもたちは学びを得ています。

a.school(エイスクール)は、そのように夢中に学ぶことを大切にしています。一人ひとりの「なぜだろう?」「ワクワクする!」という気持ちからスタートして、学びをどんどん広げて深めていく授業を行っています。この夏、「ワクワクする学びの世界」を一緒に探検していきませんか?

言葉遊びをしながら、自分らしいクリエイティブな読書感想文をつくろう!(今年の読書感想文はこれで完成!)

8月22日からはじまる「国語探究ラボ 読書感想文編」では、自由研究ともう一つの夏休み定番の宿題「読書感想文」をテーマに5日間のワークショップを行います。定番の「読書感想文」を、もっと楽しく、もっとクリエイティブに書いてみませんか?

今回、開催する「国語探究ラボ」は、好きなことを共有したり、みんなと一緒に図書館に行ったり、表現力を鍛える”ことば遊び”を体験しながら、その子にしか書けないクリエイティブな読書感想文を書き上げることを目的としています。ぜひお気軽に、遊びにきてください。

情報源: [夏期講習] 国語探究ラボ(読書感想文編) | a.school

空海とソーシャルデザイン

▼松長有慶猊下との対談
1200年を超えて、空海とソーシャルデザインが出会った!高野山真言宗管長・松長有慶猊下×YOSH編集長対談「すべてを肯定するということ」

▼DOTPLACEでの連載「空海とソーシャルデザイン」(2014年1月〜10月まで)
#01:はじめに
#02:いまなぜ空海なのか(前編)
#03:いまなぜ空海なのか(後編)
#04:空海とは?(前編)
#05:空海とは?(中編)
#06:空海とは?(後編)
#07:ソーシャルデザインのそもそも(前編)
#08:ソーシャルデザインのそもそも(後編)

▼関連記事
兼松佳宏×井野英隆×太刀川英輔 空海をもっと身近にする方法
1/2「コンセプトを立てることは『縁』を見通すこと。」
「それぞれの高野山が、日常の中にある。」