#勉強家として勉強中

囲碁用語から考えるスタディ

“布石”が気になったので、Amazonで本を探し、『世界一やさしい布石と定石』を購入。ざっと目を通してみる。

碁盤の”隅”、”辺”、”中央”、布石を置く”3線”と”4線”、”星”と”小目”。あるいは自陣を広げる”ヒラキ”、補強する”シマリ”。布石にまつわるいろんなボキャブラリーを勉強の文脈に置き換えてみると、いろんなヒントを発見できそう。そしてそもそも何と対局しているのか、という深い洞察も。

布石を打つ

ふ‐せき【布石】
1 囲碁で、序盤戦での要所要所への石の配置。
2 将来のために配置しておく備え。「新党結成への布石を打つ」

「goo国語辞書」より

→ 「いつかのために、なにかひとつ布石を打ちましょう」とよく言いながら、本当に布石を打ったことがないのはどうも煮え切らない。ということで、少しばかり囲碁の勉強を始めてみようと思う。そんな「ことばを体感する」ための勉強。

宮本至道氏の”囲碁十徳”

一、囲碁は品よく、三昧の境地に没入できる。
二、知的な遊びで生活が変わる。
三、集中的に考え、大局観が育つ。
四、すじ道を立ててじっくり考えるくせがつく。
五、人間の生きかたを教えてくれる
六、囲碁は芸術であり、無限の創造性を持つ。
七、囲碁は手によって交される語らいで、心の友が得られる。
八、負けるくやしさが人間を作る。
九、囲碁は経営管理にたずさわる人の資質向上に役立つ。
十、囲碁は頭の体操となり、若さを保つことができる。

『囲碁講座 梶原武雄九段囲碁同情』日本囲碁連盟

→ 三昧というひとつ上の体験を求めての囲碁。「品よく、三昧の境地」とは、素晴らしき言い回し。

ことば遊びワークショップ案「ありそうでなかった”ことわざ”づくり」

視覚に関する言葉は、きわめて多いが、眼鏡にもとづく隠喩や表現やことわざは、きわめて少ないうえに、実際すべて陳腐になってしまう。<眼鏡をきちんとかける>とか<眼鏡をきちんとはめる>は、<さらに注意深くする>ことを意味するが、いまではこれからの表現はつかわれていないと思う。サン=シモンは、かつて<きびしく見せる>ということをいうのに<眼鏡をかける>という表現をつかったことがある。またモリエールは、<彼女はインテリしか好まない>ということをいうのに、<彼女は眼鏡をかけた目に賛成だ>という表現をつかった。しかしこれらのイメージは真に一般の人々がつかうものにはならなかった。

『考える/分類する』ジョルジュ・ペレック、p115

→ 例える力を身につけるために、メガネなど身近なものを使って隠喩やことわざをつくってみるワークショップはどうだろう。例えば「伊達メガネをかける」とはなんの例えか。

「死ぬまでに行ってみたい場所」から勉強する

「死ぬまでに行ってみたい場所」を挙げていくと、出てくる出てくる。アイスランド(温泉とオーロラ)、アイルランド(ケルト文化)、フィンランド(サンタのふるさと)、シベリア(アナスタシア)と、秋田生まれの僕にとっての憧れの場所は、どうにも雪の気配が漂う。

続きを読む

「すし」のことを360分勉強してみて思ったこと

pablo

「すし」のことについて360分、4コマ=90分×4回に分けてインプット(読書)、スループット(ノートで考え事)、アウトプット(コメントシート)する、初めてのマイクロカリキュラムが終わった。暗黙知を形式知とするために、自分自身を実験台にしてみたわけだが、ここで少し振り返ってみる。
 
続きを読む

「すし」を勉強するために買ってみた本を読んで(1コマ目のチェックアウト)

「すし」に関する本を3冊買った。ルールはこうだ。アマゾンで「すし」と検索してヒットした3ページ分までを書き出し、読みたいなと思ったものに★をつける。その中で雑誌や図版が多いもの、入門書、専門書と振り分け、合計ページ数(700ページ以内とする)、予算(5,000円以内とする)を鑑みて買う。さっそく注文した3冊が届いたので、お正月に考えたマイクロカリキュラム(4コマ、合計360分の使い方をモデル化したもの)をスタートしてみる。
 
続きを読む

すしとわたし

「最後の晩餐として食べたいモノ」でいちばんに思いつくくらい、すしが好きだ。子どもの頃は好きではなかったようで、すし屋にいってもソバばかり食べていたという。では、すしを好きになったのはいつだったか。
 
続きを読む