共同体という文脈のなかで、自らを新しいかたちで経験する

私たちが実際に変化を経験するときというのは、共同体という文脈のなかで自らを新しいかたちで経験するときに起こるものです。それにより、自己の変化が完全に現実のものして、信頼のできるものとして認識されるのです。

『実践インテグラル・ライフ―自己成長の設計図』ケン・ウィルバー、テリー・パッテンほか、p289

→ 成長を認識する機能としてのコミュニティ、そして場としての即興的なスタディホールはいかに可能か。ポイントはフィードバックの質。