スループットの達人としてのジョルジュ・ペレック

私の宇宙をしるす方法であり、私の日常活動に少し斜めから接近することであり、私の仕事、私の歴史、私の関心事を語る方法であり、私の経験に属する何物かを、離れたところから反省するのではなく、その出現のさなかにとらえる努力である。

『考える/分類する』ジョルジュ・ペレック、p13