さまざまな勉強態度

<関心がない>
・勉強がキライである
・勉強が好きでも嫌いでもない
→ 必要性に気づく「知識」が必要(「趣味×スタディ」をテーマにしたイベント、「あの人も勉強家」など)

<テーマが見つからない>
・勉強したいと思っているが、何を勉強していいいかわからない
→ テーマと出会う「機会」が必要(「スタディ・マップ」など)

<時間がない/持続しない>
・勉強したいテーマはあるが、勉強する時間がない、持続しない
→ 勉強を持続する「仕組み」が必要(「90分時間割」「ブランク・ペーパー」など)

<行動できていない>
・継続的に勉強はできているが、行動にはつながっていない
→ 勉強を行動につなげる「機会」が必要(「スモール・ギャザリング」「仮想理事会」など)

<勉強を極めたい>
・継続的に勉強はできているが、もっと勉強を極めたい
→ 勉強を効率的に進める「スキル」が必要(「アクティブ・ブック・ダイアログ」「ブランク・ペーパー読書」など)