「死ぬまでに行ってみたい場所」から勉強する

「死ぬまでに行ってみたい場所」を挙げていくと、出てくる出てくる。アイスランド(温泉とオーロラ)、アイルランド(ケルト文化)、フィンランド(サンタのふるさと)、シベリア(アナスタシア)と、秋田生まれの僕にとっての憧れの場所は、どうにも雪の気配が漂う。

続きを読む

スタディホールは、孤独を“co-独”にする

「プロジェクト」という言葉は、「デザイン」という意味も含むという。ヴィレム・フルッサー『サブジェクトからプロジェクトへ』では、「都市をデザインする」「家族をデザインする」「性をデザインする」というとき、projektという単語が使われていた。
 
続きを読む

7種類のノートや手帳を使い分けてみてわかったこと

気づけば7種類のノートや手帳に囲まれている。コクヨのCampusノート、postalcoのA7ノート、アピカの3年手帳、石井ゆかりさんの星ダイアリー、測量野帳のスケッチブック赤と緑、超整理手帳。原稿用紙もいれるともうひと種類。実際に使い分けが可能かどうか自分でも半信半疑だったが、1ヶ月やってみての感想はすこぶるいい。
 
続きを読む

「すし」のことを360分勉強してみて思ったこと

pablo

「すし」のことについて360分、4コマ=90分×4回に分けてインプット(読書)、スループット(ノートで考え事)、アウトプット(コメントシート)する、初めてのマイクロカリキュラムが終わった。暗黙知を形式知とするために、自分自身を実験台にしてみたわけだが、ここで少し振り返ってみる。
 
続きを読む

エクスプローラー

・選択肢を狭めずに幅広い針路を検討する(p5)
・一カ所に腰を落ち着けるのではなく、身軽に、そして敏捷に動き続ける(p230)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

  • 作者:リンダ グラットン,アンドリュー スコット
  • 出版社:東洋経済新報社
  • 発売日: 2016-10-21

「インディペンデント・プロデューサー」「ポートフォリオ・ワーカー」と並ぶ、100年ライフ時代の新たなステージのひとつ。断捨離後の、種まきの時期。<例>「スタディホールは、リンダ・グラットンのいうエクスプローラーのためのセーフティネットである」

続きを読む

#勉強リスト 20161214_02B

「インストラクショナル・デザイン」

「インストラクショナル・デザイン」ってそもそも何?

▼きっかけ
12/14のミラツクイベントでのグループワークで、一緒になった方から

▼背景
「インストラクショナル・デザイン」なる考え方があったのか! 基本的なことで知らないことが多すぎる…学習意欲を高める授業のつくり方ってまさにど真ん中。スタディホールのヒントに。

▼次にすること

<インプット>
インストラクショナル・デザインおよびライゲルースをネットで調べる。入門編として『インストラクショナルデザインの道具箱』を読む。

<スループット>
自分なりに考えてみる

<アウトプット>
来年の授業にいかす